【相場観】今週末の相場コメント

トランプ相場は、3/22のオバマケア撤廃を延期や、大規模減税案が本当に決まるのか!?

というトランプノミクスの核になる政策に疑問符がついた事から、

一気に売り方の売りと利食い売りが出て、75日移動平均線を下回っています。

 

そこから8営業日の日経の動きは上値が重い!

の一言になっており、

トランプノミクス相場の象徴とも言われていた金融関連株の上昇トレンドが下落に転落するなど、少し警戒する時期ではあります。

 

しかし、強い買い方(トランプノミクス相場を信じる派)と、トランプ政策疑問符からの空売り勢や個人の空売りなど現在は拮抗状態。

 

先週の外資系売買注文が9000億規模の売り越し(大きく買ってる外資も居るので、それより大口の売り手の存在もいる。)

 

ちなみに、GS(ゴールドマン・サックス)は3月の大口の日経先物の売り玉を4月に以降したとの情報もあり、日経の急落には気をつけたいタイミングです。

 

また、個別銘柄はまだ美味しい銘柄はありますが、今までのような何でもかんでも上がって、勢いが継続するという雰囲気ではない為、特別な材料がでた株のケアサービス(2425) 2425 株価と銘柄情報 、本日推奨のバイオ関連銘柄などの市場に関係なく動く銘柄は良いですが、その他の材料銘柄、業績銘柄、好チャート系銘柄などは上昇は長続きしないかもしれません。

 

推奨銘柄に変化はないのですが、今週の週末持ち越しは、控えめにしておきたいですね。

のちほど、会員様にはレビューします。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ