【相場観】今週は、上下どちらに向くのか見極める週になります。

おはようございます。

本日もよろしくお願いいたします。

 

昨日も申し上げていますが、

今週は、今後を占うべく、上下どちらに向いていくのかを見極める週になりそうです。

 

日経平均先物を売りで出す方向性や、上昇の場合の戦略をまとめます。

 

基本的な考え方としては、26週平均線(18739円)を割り込まず、反転したことで、まだどちらに向くかはわからない状態。

26日平均線を割り込んで弱い展開となるのであれば、下げ相場の可能性が高くなる。

しかしながら、26日平均線を割り込まず切り返した格好となっているため、今までの例から言えば、このあたりで反転、再度19000円に乗せてくるような展開になる可能性は十分ある。

もし、26週平均線や、ローソク足で見た場合は18650円の、今年の安値(1月18日)を割り込んでしまうようであると、相場の潮目が変わったと見ておくべきであると見ております。

まずは

・18650円~26週平均の18739円あたりを割り込む展開になるかどうか

→ 割り込んでいくならば、基本的に下へ落ちる展開の可能性が高いため、日経平均先物を売りで仕掛けるなどの対処を行う

 

・再度19000円を固める展開となる場合

→ 個別が再度動いてくる可能性が高い。反発局面で上げきっていない銘柄や、上値を追っていく形になる銘柄、戻りを試すチャート、反転チャートの銘柄をスクリーニングした上で、ファンダや材料が良い銘柄をチョイスしていく

 

この2つの戦略となりそうです。

 

まずは、潮目が変わるのか、反転するのかを見極めます。

よって、今週はもしかすると あまり動きをつけることができず、

「つまらない」 

週になるかもしれませんが、休むも相場です。

 

節目を判断したら、また面白い銘柄を出していけると思いますので、お待ち頂ければと思います。

お手持ちの銘柄、相場観、その他株式投資についてのご相談がありましたら、こちらからお問合せ下さい。他の方にとっても有益なご質問は、記事上で回答させて頂きます。

無料会員登録

無料会員登録
無料会員登録

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ