【相場観】【銘柄レビュー】相場観と、現在の銘柄レビュー

相場観&現在推奨中の銘柄レビューです。

個別株相場は、しっかりと上昇した後、下げるときには怒涛の下げをするのが相場の常。

新興で買える銘柄は現在はなし。

 

日経平均も、いつ26週移動平均線を下回ってもおかしくないチャート。

 

さらに、北朝鮮と米との戦争問題など、地政学的リスクも孕んでいます。

現在はほとんどやるものがない状態、ノーポジションでもいいぐらいの状態。

 

何かをやるならば、今は、買うよりも売り狙いくらいが賢明です。

 

日経の下落は日経Dインバ(1357) 1357 株価と銘柄情報 の買い

日経VI(2035) 2035 株価と銘柄情報 の買い

 

米株の下落は、

国際のETFVIX短期先物指数(1552) 1552 株価と銘柄情報

の買いで利益がでます。

 

もちろん、日経先物売りが最も利益は取れますが、明確な売りサインが(基本は26W割り込み)出てからINし、

さらに、ちゃんとロスカットを入れられる方に限定してご案内ということになります。

 

急落しだしたときに、リスクヘッジで持つと良いでしょう。

 

しばらくの間は、方向性を読むことになります。

もうしばらく、まちましょう。タイミングを見て、銘柄や動きをつけていくことになります。

 

ぜひ、日経平均先物の口座は開いておきましょう。

 

ジーエヌアイ(2160) 2160 株価と銘柄情報

こちらは割りと強い状況なので継続とします。

 

オーテック(1736) 1736 株価と銘柄情報

そろそろ下げ止まるのではと見ています。

 

UTグループ(2146) 2146 株価と銘柄情報

この相場の展開で文句なしの上昇。継続です。

 

現在はこの3つのみ。

新規は、まずは相場の方向を読んでからになると思いますので、しばらくお待ちください。休むも相場です。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ