【相場観】日経平均の動きに本日は要注意、注目

みなさまのクリックが励みになります。
記事に満足いただけましたら、クリックお願いいたします! → 人気ブログランキング

仕掛けるタイミングが発生するかもしれませんので、

要注目、要注意です。

 

 

26週平均線を割り込んできました。

さらに、18650円を割り込んでくると、明確な売りサイン発生といえるでしょう。

 

26週平均線割り込みで売りしかけをするかどうかはその人のセンスとも言えると思います。

紹介していましたので、日経平均先物売りで入った方もいらっしゃるかもしれません。

 

急落するようであれば、ここから売りに入る手段となるのではと思います。チャートは売り方向となっています。

ただ、まだ明確とはいえないのでようすを見ています。

 

3月末~4月でほぼ全ての銘柄を終了してきてよかったと思います。

利益の取れた銘柄、残念ながらロスカットの銘柄、上昇して下降してプラマイトントンだった銘柄等色々ありますが、

まずはここは落ち着いて、次の勝負できる時期を探っていきましょう。

 

下げ相場で無理することはありません。下げ相場で無理するぐらいならば、

売りで日経平均先物や先物ミニで入ったほうがマシであります。

★下げ相場で無理に買いを入れるのは逆張りとなるため利益を出しづらいです

 

 

昨日紹介しました

日経平均下落時に使える

 

日経の下落は日経Dインバ(1357) 1357 株価と銘柄情報 の買い

日経VI(2035) 2035 株価と銘柄情報 の買い

 

これらは上昇しています。

今後も注目できるかもしれません。先物口座がない場合はこちらを狙うのもありでしょう

→先物口座を開くのは簡単なので開いておきましょう

みなさまのクリックが励みになります。
記事に満足いただけましたら、クリックお願いいたします! → 人気ブログランキング

お手持ちの銘柄、相場観、その他株式投資についてのご相談がありましたら、こちらからお問合せ下さい。他の方にとっても有益なご質問は、記事上で回答させて頂きます。

無料会員登録

無料会員登録
無料会員登録

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読

※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ