【相場観】漫然と相場を見ていませんか? ここ数日の動きは注意を示唆したとおりでした。ここからは・・・

前場お疲れ様です。

ここ数日の動きは、当方で少し前から示唆していたとおり、売りの動きが活発化。

その理由はいくつかありますが、

アメリカのトランプ政権がうまくいかないこと

アメリカ雇用統計は良かったものの、米金融引締めの可能性拡大(バランスシート縮小、利上げ回数減少の予想)

などから、上値が重たくなるであろうこと、利上げ回数が減る可能性から、ドル安に傾きやすくであろう・・・

などといった要因があります。

 

しかし、これらの材料が出る前から、チャートは不穏な動きを示していたため、

先月末から、推奨銘柄を減らしていき、現在はほぼノーポジです。

 

推奨とはしていませんでしたが、日経平均先物の売りを示唆したり、

日経平均が下落したときに上昇するいくつかの上場投信などを紹介してきました。

 

売りを警戒する必要がある、チャート上のいくつかの指標からは下落してしまいましたので、今はローソク足でみても、移動平均線などでみても、売り状況とも言えます。

 

ここからは、下げ止まるポイントを探すことと、完全に個別銘柄を探すこととなりますが、むしろ個別銘柄に至っては、あげようとしても下げ相場に引きづられて下げるケースが多いですから(今日も期待できそうな銘柄で、引きづられてマイナスの銘柄もいっぱいあります)しばらく様子見、下手に買いにいくよりも、売り、日経平均先物などの売りで勝負したほうがマシな状況です。

 

数日ぐらい前から、なんとなくでもこの予兆をしておかないと、銘柄を利確や撤退できませんから、ノーポジに先週から近づけて動いたのは正解だったと思います。なお、ずっと強かった、UTグループ(2146) 2146 株価と銘柄情報 も、継続していましたが、本日寄りで手放す格好となりました。

 

ノーポジ状態であると新規銘柄を紹介してほしいとおっしゃると思いますし、出したくもなるのですが、今は上下どちらに動くかの瀬戸際であり、注意深く見ていくべきです。多少はきつい相場だったかもしれませんが、下げ相場に絡んで資産を減らすことはなかったと思います。

 

売られる可能性があるので、当方ではポジションをしっかり調整するべく動きました。その指示がなかった場合銘柄はガツンとやられている物が多いと思います。(弊所で案内していない銘柄も下げているのでわかると思います)

 

次の一手を出す、タイミングを狙ってまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ