【相場観】明日はSQ。来週に向けての戦略を考えて行きたいと思います。

みなさまのクリックが励みになります。
記事に満足いただけましたら、クリックお願いいたします! → 人気ブログランキング

 

今週はSQ週です。

SQ値は、毎月の第二金曜日の日経平均のほぼ初値でSQ値が決まります。

日経平均は、本日の木曜日までは売り仕掛けが入りやすいチャートとなっています。

特に、先月からの外資系の売り注文が多かったので、日経下落系のリスクヘッジ銘柄あるいは日経平均先物売り、戻り売り、を推奨していましたが、下落が続いている。また本日は夜間も下落。

正直、買いでは太刀打ちできないです。

 

ドル円も、トランプ氏の「ドル高だ、高すぎる」発言と「低金利が望ましい」発言から、ドル売り仕掛けが入り、円高も108円台へと突入しており、本日は短期的に急落する場面もありそうな日ごろと言えます。

 

今日あたりは要注意であると言えましょう。

 

しかし、金曜日のSQを通過して、土曜日の北朝鮮の記念日であるXデーに軍事的行動がなければ、株価は大きく値を戻す事が予想されます。

よって、本日の短期的な急落は押し目買い狙いで対処です。

好決算系銘柄の換金売りに合ってる優良銘柄のバーゲンセール狙いで行きたいですね。

 

地学リスクニュースも出尽くし感が出てきており、北朝鮮の記念日である15日土曜日に軍事行動がなければ、軍事関連で買われた銘柄は、元の株価へ急落の可能性が高い。

 

よって、短期的に暴騰した地政学的リスクの銘柄は、

株の格言「まだはもうなり」

で、利食い売り推奨。これは今日、明日。

 

株価は、3日天井・底100日とも言われ、昨日は防衛関連の全ての銘柄が大きく買われた事から、ほぼ天井圏の動きと見て良いので利食い売りや空売りを推奨できるポイントと言えます。

 

元々、この軍事行動自体はトランプ政策が実行不可能になりつつある中、トランプ氏の軍隊を巻き込んだ政策断行の意思表示の為の行動であると言われている為、本質的には、軍事行動をするつもりはなく、自分の政策を進める為の手段に軍隊を使っていると思われます。

交渉好きなトランプ氏は、今回の行動で日本はスルー、オーストラリアには一番軍事的な応援を要請する事や、中国は軍事的に協力するなら交渉条件を良くすると持ち掛けるなど、色んな関連国の出方を伺ったように感じます。

 

尚、個別は数少ない上昇銘柄に一極集中の好機より一段高があるとみています。

以上から、戦略としては

・個別一極集中は続く 材料系は狙う

・一般銘柄も、本日、明日の急落場面は拾う。

・来週からは、一時的に戻りを試す場面があるかもしれない。そのための材料は15日の北朝鮮の軍事活動の内容次第

 

このような考え方でおります。

 

推奨銘柄などについては調査進めています。

いいものがあれば、また急落場面などあれば紹介してまいりますので、ご期待ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

みなさまのクリックが励みになります。
記事に満足いただけましたら、クリックお願いいたします! → 人気ブログランキング

お手持ちの銘柄、相場観、その他株式投資についてのご相談がありましたら、こちらからお問合せ下さい。他の方にとっても有益なご質問は、記事上で回答させて頂きます。

無料会員登録

無料会員登録
無料会員登録

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読

※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ