【相場観】チャートによる相場予想 本日~今週も、下値押しに注意。下降トレンド入りする場合はキャッシュポジ優勢に変化します

みなさまのクリックが励みになります。
記事に満足いただけましたら、クリックお願いいたします! → 人気ブログランキング

おはようございます。

日経平均先物の、今年の安値は、地政学的リスク、総悲観によりつけた、18190円。

ここに来て、英国のEU離脱(ブレグジット)を、2020年よりも早くするための真を問う選挙をすると、英国大統領が発言。

これにより荒れているユーロ圏もあり、再度下値を試す展開になってきております。新たな懸念材料がでたことで、素直にリバウンドに入れるかが微妙な状態になっています。

15日~16日の地政学的リスクの後退で、大底は付けたはずと考えていましたが、下落相場は大底の後に、ドン底があることもあります。

リスクヘッジを掛けながらの取引が必要なタイミングと言えます。

 

チャートとしては、

日経平均が18200円を割って引けるならば、節目がなく、17500円へ下落の可能性が高いチャートになります。

よって、キャッシュポジを多めにする、

ヘッジするなら日経下落系の1360買い、1570売り、日経先物売り、オプションのプット買い、

などで、ヘッジしておくのがリアルな投資法です。

 

注目点は、日経平均が18200円を割って引けるかどうか、です。

 

今日~今週、もう一つ注意して相場に挑みましょう。

みなさまのクリックが励みになります。
記事に満足いただけましたら、クリックお願いいたします! → 人気ブログランキング

お手持ちの銘柄、相場観、その他株式投資についてのご相談がありましたら、こちらからお問合せ下さい。他の方にとっても有益なご質問は、記事上で回答させて頂きます。

無料会員登録

無料会員登録
無料会員登録

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読

※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ