【相場観】GWあけての相場観

おはようございます。
本日より相場が始まってまいります。
今週、そして5月本格相場もよろしくお願いいたします。

さて、当方としては、GW前から申し上げている通りリスクを追わずにフラットな態勢でおります
5月はセルインメイ、と呼ばれますが、実はセルインメイを誤解されている方が多いのではないか?と思います。

セルインメイは5月に下げるから売れ、ではなく、
5月以降~8月に下げることが多く、9月頃に戻ってくる事が多いから、5月に売っておいて6月~8月の買いどきを探そうという意味であります。機関投資家の売買のタイミングがそのようになりやすい、ということですね。

ここ10年で見れば、6月~8月に買い時になっているパターンはまま、多いです。
よって、セルインメイで考えれば5月の高値は売りで、買いどきを探しにいくパターンとなりやすい、これは統計上確かではあります。

ただし当方としてはさほど気にせず、たしかに5月の高いところは利確したくなりますし、アメリカ側は6月利上げの可能性が高まっている=ダウ安、ドル高? になりやすく、日本株は上げやすくなる・・・? など、予想の付きづらい状態にあります。

アメリカも緩和からの出口戦略を着々と進めている状態であり、前例の無い状況ですから読みはしづらいと言えますでしょう。

相場に翻弄され、高値圏となった日本株、ここからも実は個別が面白いと見ています。

全体的にインターネットで見ていると、株のアナリストは今、フランスの選挙が落ち着いて終わり、強気になりつつあるようですが、当方としてはそこはフラットです。
マクロン氏優勢は、GW前からある程度予想はできたことで、買いも集まっている。
もし日経平均が窓をあけて上がったりするならば、逆に頭をつけそうな気もするので要注意と考えています。
現状では個人的には業績が良いから買い・・・とは行かず、個別やIPO、低位株に資金を傾けたいと思っています。

好業績で大型株を狙うということは、ここから2万円、2万1000円・・・という動きになることを予想しなければなりません。
正直なところ、ここから大型を買うのは難しい。
ここで好業績予想をして大型を買って、いつ売るのか? セルインメイからの調整、そして6月~8月に買うセオリーを考えると大型株ではなく、低位や、しばらく新規IPOがありませんからその資金の流入を狙ったら、直近IPOの人気株、そして当方では初動で引き当てました銘柄である、ケアサービス(2425) 2425 株価と銘柄情報 やオービス(7827) 7827 株価と銘柄情報 、メドレックス(4586) 4586 株価と銘柄情報 など、個別に大きな材料を持っている銘柄、こういったものを狙っていくのが筋ではないかと思います。

となると、銘柄選択が重要となり、難度は高い。
当方としてはロー&ミドルリスクハイリターンのイメージで考えています。
弊社サイトでも、Yahooでもそういったものをうまく取り入れて、利益につながる配信をさせていただきたいと思っている状態です。

実は、4月後半~5月にいたっても小型や材料株が面白いと思って推奨していましたが、最近は個別の注目度が高いため、初値が高くなってしまう状態にあります。すると注目されている銘柄でも、陰線となりやすくなり、頭が抑えられる結果に。難しい相場だと思います。

しかし、実際に大型が狙いづらくなる可能性があると考えて(ただし、フラットです。フランスと、GW後の相場展開次第では考えは改める可能性もある)、それであれば個別、材料株、決算期待株、IPO、低位、などの当方得意の個別銘柄を持って、利益を追求していきたいと思います。

セルインメイをチャートで考えれば、月足でみると18000円ぐらいまでの押し目があってもおかしくない日経平均チャートをしていますので、要注意。調整すれば買い時になりますし、個別が狙いやすい。
もし調整しないのであればそれはそれでやれる銘柄はでてきますから、そのときは戦略の変更をしながら進めて参ります。

弊社サイト内でも、今年注目の長期低位株、割安材料株、決算期待株など色々ありますが、順次必要に応じて、Yahooのコラムや予想でも紹介していければと思っております。
最近は売り銘柄のほうが多くなっていますが、イケるタイミングと見れば買い銘柄も増えますので、気長にお付き合いください。

それでは今週~今月もどうぞよろしくお願いいたします。

お手持ちの銘柄、相場観、その他株式投資についてのご相談がありましたら、こちらからお問合せ下さい。他の方にとっても有益なご質問は、記事上で回答させて頂きます。

無料会員登録

無料会員登録
無料会員登録

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ