【相場観】今年の注目セクターについて 仮想通貨の時代が来ると予想、そして展開は

相場観です。

日経平均が2万円手前で失速。

実質上2万円がメド、という意味はないのですが、心理的にはそういうところでキツイ考えが出たりするものです。

上値は重くなりそう。

 

 

世界的な投資利回り低下が予想されます。

世界経済的なリセッションはいつ訪れてもおかしくない状況と言えます。

 

そのリセッションは、ここ10年で作られた債権バブルを崩壊させて、

通貨価値の概念を変える事になります

そして、今その流れができつつあり・・・変わりになるのが、仮想通貨になる国策が出そろってきました。

 

自国通貨を売りたい、外貨に変えたい国の、仮想通貨買いのニーズは今後相当大きくなってくる予想。

日本も認めたビットコインの価値は、どんどん上がってきています。

 

いえば、金と同じレベルの資金逃避に使われる可能性もある。

 

しかも、仮想通貨のベースとなるブロックチェーン技術を応用すれば、今では1万円も海外送金が難しい鎖国的な政策から解放する事ができる。

 

簡単には、二つアカウントがあれば、円で買ってドルで換金する。

(しかも換金場所は世界の取り扱い所でも自由)

が可能な事で海外資金移動が簡単になってしまう事。

 

今のビットコインの相場は、実際にビットコインが注目されていることもありますが、

元を売りたい中国がビットコインを買い、元安=ビットコイン高が現実化の構図ともなっており、今後も約3000種類ほどあるコインへの投資は活発化して行くしかない、世界マクロ情勢になっていくと予想します。

中でも上昇目立つのが、

カイカ(2315) 2315 株価と銘柄情報

フィスココインのブロックチェーン専門会社

 

キューブシステム (2335) 2335 株価と銘柄情報

ブロックチェーン技術は銀行軸に不動産など他業界展開

 

リミックス(3825) 3825 株価と銘柄情報

中国の大手ビットコイン取引所と日本の仮想通貨交換を独占的に行う業務提携。

 

などブロックチェーン絡みや、取引所の中でも収益性が見える所には資金は集中してくると思われます。

 

リミックスは、先程一般公開させていただきましたが、273円で紹介し、280円現在と好調。

もう締め切っておりますが、今回の特別銘柄でも、実はフィンテック関連を紹介しています。

国策、短期やスイングというよりは、セクターにのった中期~長期路線で考えています。

赤字企業ですが、赤字企業に光明が見えたときは株は強くなりますから、期待しております。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ