【相場観】チャートや現状の状況からみた、理想的展開と利用できるセクターなどについて

後場も、お疲れ様です。

先週末には到達しておきたかった日経2万円。

金曜日、5日移動平均線付近まで売られた事で、チャートは歪な形になっております。

 

19500円割れまでの下落、5月2日の高値、19464円の窓埋めが欲しいチャートになってます。

要は押し目がほしいところ。

 

ここで難しいのが、本日陽線であり、底値は買われていること。

日経先物は先週からの19750~20000円のボックスとなっている。

 

こうなると上下どちらに動くのか、まだわからないため、放れた方につくのがセオリー。

 

日経2万円超えは、ソフトバンクの9000円超えがポイントになりそう。

しかし本日下落。

ファストリ(9983) 9983 株価と銘柄情報 なども下落。

 

大型株で日経平均寄与率の高いものが下げています。

が、これらが下げているにもプラマイゼロに近い日経平均ですので、つまりは全体的には買われているということ。

 

結局は、トランプ相場であり、トランプがFRBの長官を解任した事で、

米国内では再度、トランプ下ろしの動きが見受けられる。

 

トランプ下ろし=金融バブル相場終了の可能性が高い

 

もしトランプ解任などとなれば、世界株は一気に下落する形になります。

結局、トランプに振り回される相場は継続。

そう簡単に解任などとはならないでしょうが、私達は小型やIPO、低位株をメインとした、デイトレ~スイングトレードでがメインとなりそうです。

 

たとえばその流れでいえば、アセンテックなどはすでに上昇しました。

すでに準備済ではありますが、また新規なども探していきたいとおもっております。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

お手持ちの銘柄、相場観、その他株式投資についてのご相談がありましたら、こちらからお問合せ下さい。他の方にとっても有益なご質問は、記事上で回答させて頂きます。

無料会員登録

無料会員登録
無料会員登録

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ