【相場観】リスクオフの展開になるか ただチャート的には高値警戒感があった 押し目は狙い目か?

みなさまのクリックが励みになります。
記事に満足いただけましたら、クリックお願いいたします! → 人気ブログランキング

おはようございます。

 

本日もよろしくおねがいいたします。

 

ダウを中心に、世界的株安、円高。

昨日、米ダウは急落。下げ幅は300ドル超え。

1%程度とはいえ、久々の300ドル下落はインパクトあり。

 

米長期金利は一時2.21%。約1カ月ぶりの低水準。

ロシア問題で、政治混乱で、トランプ政権の目玉政策の減税と景気刺激策の実施の遅れを警戒して大きく下落している状況。

 

材料としては以上でしょうか。

 

ただし、もともと20000ドルを超えていたダウは、高値警戒感が強く、テクニカルなどでは調整要求の動きがあった。

日経平均も19400円あたりまでの調整は普通にありえることはお伝えしていたかと思います。

 

全体的に残念な展開であり、トランプ氏の弾劾が続けばリスクオフが続く、そうなると18000ドル~あたりまでの下落も考えらえるところで、厳しい相場となりそう。

トランプ氏からの、セルインメイとなるのか?

 

少し警戒しながら見ています。

状況次第ではいったん、個別以外は全て一端リスクオフからのキャッシュ化、という可能性もあります。

 

そういった可能性もなきにしもあらずの環境です。

 

それでは本日も、よろしくお願いいたします。

みなさまのクリックが励みになります。
記事に満足いただけましたら、クリックお願いいたします! → 人気ブログランキング

お手持ちの銘柄、相場観、その他株式投資についてのご相談がありましたら、こちらからお問合せ下さい。他の方にとっても有益なご質問は、記事上で回答させて頂きます。

無料会員登録

無料会員登録
無料会員登録

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読

※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ