【相場観】会員様へ マザーズ指数大幅下落!最終的にはご自身での判断ではありますが・・・

後場お疲れ様です。

後場に入って、マザーズ指数が更に下落してきています。

厳しい相場になってきました。

 

新興、特にゲーム、バイオ、と弱い。

総じて新興が弱いですので、マザーズ指数も下落方向から止まらぬ動き。

 

先週木曜日に紹介のマザーズの動きが予想通りであったということで、

当方のご案内を守って頂けている場合はこのサゲでも、資産を減らすことにはならなかったと思います。

 

もちろん当方の意見が全てではありません。

 

が、4月頭にも、北朝鮮問題が懸念されるための下落を予想してからの、4月中盤は、北朝鮮問題は結果的に起こらない予想からの反発も引き当てていますし、今回のマザーズも引き当てている状態。

今回のマザーズは素っ高値で売り場だと紹介できていますし、全く予想の通りであることはわかって頂けると思います。

 

先程レビューしましたが

基本はこれです

 

直近~1ヶ月、2ヶ月という意味では指数系が一番狙いやすい

①マザーズ先物 売り

②マザーズコア(1563) 1563 株価と銘柄情報  売り

 

そして、マザーズが悪い状況となると、次第に全体相場もサゲてくると予想

③日経平均先物 売り 20100円付近で開始

④日経レバ(1570) 1570 株価と銘柄情報  売り 

⑤日経ベア2(1360) 1360 株価と銘柄情報  買い

 

他、もうすでに紹介済ではありますがミクシィ(2121) 2121 株価と銘柄情報 売り等。

昨日にコラムとして紹介した、プレミアム空売りなども面白い。

https://fidelia.unifas.co.jp/muryou/muryou-suisyou/16807/

 

ここのところかいま見える、強烈な世界の投資家からのトランプ批判

それにもかかわらず、

円安でドル円112.3~4円。

しかし、先物で日経平均先物は、昨日の高値十字線20250円ラインは超えられなかった。

 

 

NYダウの後場急落により、米ダウは98ドル安の-0.46%

S&P500は-0.81%

ナスダックは-1.6%、非常に憂慮すべき下落となっています。

 

NYダウの、先日の21500ドルが天井のように見える上、ナスダック関連の主要銘柄の下落が止まらないこと、

世界中のトランプ批判=ドル売り=円高が続きそうな事から、日経平均も目先天井と仮に考えて、売りポジションをメインとしています。

 

先物が基本になりますが、

先物口座がない場合は、

日本株売り:日経ベア2(1360) 1360 株価と銘柄情報 カイ

日経VI(2035) 2035 株価と銘柄情報 カイ

 

米株売りで考えるなら、

国際のETFVIX短期先物指数(1552) 1552 株価と銘柄情報 カイ

NYダウベア(2041) 2041 株価と銘柄情報 カイ

 

これらで、下落相場を対処できます。

 

指数系はここのところ一直線の動きをしていますが、それも相場が一方方向に強い事が多いためであり、反転相場となれば一気に逆向きになりますから、相場の転換の可能性を考えればここはカイ銘柄は減らし、敢えて天井の可能性をしっかり組み入れると良いでしょう。

天井示唆の材料はしっかりありますので、ここで天井を上手く入れれば(実際マザーズは天井気配)、大きく利益が重ねられるかもしれません。

 

 

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ