【相場観】現在の相場観と、それに付随して推奨していっている銘柄等について

本日の相場もお疲れ様です。

後場あと少しですが、リスク管理は怠らないようにしましょう。

 

さて、昨日のアメリカのダウの強さ、海外の強さから日経平均も窓を明けて上昇したが、

20250円~300円あたりは本当に重たく、本日も陰線で終わりそうな気配です。

 

マザーズコア等の売りから入った今週(実際には先週)

日経平均も、売りで勝負をしかけていますが今のところ上方向

しかしながら、現状は、ロスカットせず、下方向継続、で考えています。

 

このあたりは、なんとも言えませんが

日経平均でいえば20320円を超える場面

先物でいえば20300円を超える場面

あたりまでは、売りで考える、ここを超えてくると21000円が見えてきてしまうので考え方を再度改める必要がある場合もある、という感じです。

 

相場としては本当に読みづらい状況であると言えますが、マザーズを先に見ておきましょう。

マザーズは変わらずサゲ基調でありますから、こちらをメインに見ておいて、サゲ基調深まれば日経平均もサゲていくイメージです。

 

個別銘柄としては、

基本的に推奨しているのは中長期路線のものが中心になりますが、

 

個別も本日は紹介しました

ソルガム・ジャパン・ホールディングス(6636) 6636 株価と銘柄情報

TBグループ(6775) 6775 株価と銘柄情報

 

この2本は、継続して明日以降も注目としたい。

 

あとはラオックス(8202) 8202 株価と銘柄情報 も、地味ながら、じきに600円~ 前回高値の630円もいずれは、と見ています。

 

マザ、新興を推奨したくなるのですが、下落予想がついてきますので、状況をもう少し見極めた上で狙っていきます。

そういう意味では、2ケタ株や低位のソルガム・ジャパン・ホールディングス(6636) 6636 株価と銘柄情報 などはタイミングばっちりだったと思われ、明日以降も注目できそうです。

 

次の銘柄も探していきますが、まずは資金を減らさないことが大事。

無理せず、新興銘柄は減らし気味でいくのが良いでしょう。

 

面白い銘柄などあればまた発表していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ