【相場観】日経平均先物暴落。注意するようにとお伝えしてきた結果がとうとうやってきました。

おはようございます。

本日もよろしくお願いいたします。

昨夜のダウは-200ドル下落の場面有り。

日経平均先物も19900円まで一気の下落。

ここのところ、下げ相場に転じる可能性が高いとお伝えしてきたとおりであり、

そのための方策、先物でいえばマザーズ売り、日経平均に関しても20100円から売り仕掛けと、

とにかく今週は、ほとんどを先物、指数、ETFなどの売り一辺倒で紹介してきました。

 

とうとうやってきてしまったという感じであり、このダウの下落、日経平均の下落、そして円高、と憂慮すべきときが来たという感じです。

 

20100円で日経平均先物を売りで入っていれば、ラージ1枚で、200円幅と仮定すれば、20万円の利益がでている事になります。

 

状況としては、ドル売り、円高、日経平均下落、新興総悲観相場、という流れがいつもの流れです。

 

個別買いポジを沢山入れている場合は日経先物などの売りヘッジでリスクをヘッジしておく必要があるでしょう。

 

先週の末から、マザーズ、そして日経平均へ、と売りをずっと紹介してきました。

リスクが高まっており売りが良い、ということをお伝えしても、なかなか買いポジションを外さずに残してしまう場合も多いと思います。

また、先物をしていない、あるいは事情によりできない方もいるとは思います。

そういう場合は、日経平均が下落したときに上昇する日経ベア2(1360) 1360 株価と銘柄情報 、日経VI(2035) 2035 株価と銘柄情報 、国際のETFVIX短期先物指数(1552) 1552 株価と銘柄情報 あたりで対処していく必要があります。

 

今、為替も戻り売り、原油、米ダウも日経も、騙し上昇で上昇しきらないところからの、ドテン売り。

そしてその初動が今起きている、ということから、日経2万円割れは濃厚、というか先物でいえばすでに2万円は割れているわけで、

目先は簡単に19500円辺りまで売られそうなチャートです。

 

ダウが大幅下落でチャートが悪く、またナスダックも下げ止まらない、このままいくと、トランプショック台頭となり、日経平均17000円台、ダウ18000ドル、という悪い動きもありえるわけで、今は買いポジションは非常に注意しておくべきところになりうるでしょう。

 

推奨ポジションは以下の通り。

 

日本株売りポジ:日経ベア2(1360) 1360 株価と銘柄情報 、日経VI(2035) 2035 株価と銘柄情報 買い。

 

米株売りポジ:国際のETFVIX短期先物指数(1552) 1552 株価と銘柄情報 、NYダウベア(2041) 2041 株価と銘柄情報 買い。

 

マザーズ指数売り:マザーズコア(1563) 1563 株価と銘柄情報 を売り 

 

マザーズ先物売り

 

日経先物:20100から売り仕掛け中 ロスカットは20260円付近だが状況次第で継続中

 

当方の意見だけが全てではありません。

それは当然ではありますが、全体相場の予見は、4月の北朝鮮の問題が起こる前に全銘柄売り、北朝鮮からの回復の4月中旬~に買い指示、今回の下落指示、とピタリあててきているのは、継続していただいているお客様はわかると思います。

 

次の新規銘柄は出すのが難しい環境となりますが、新規銘柄は探しますし、個別銘柄も探します。

しかしながら、どう銘柄を紹介しても全体相場の下落にはかないませんので、まずはこういった相場で資金を減らすことができるだけないように、ということを心がけて頂きたいと思います。

 

ここからは買い一辺倒ではやっていけない状態になります、どう戦略を整えたら良いのかしっかりとご案内していきますので、よろしくお願いいたします。(この記事は夜中に掲載し、8時台に投稿いたしました)

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ