【相場観】気がかりな点 夏場暴落の可能性を考えておきます。

前場、お疲れ様です。

 

夏場、一度暴落はあるのではないかと思っています。

理由としては、欧米金利、債権等から。

 

ここまで、地政学リスクとしては北朝鮮、IS問題等も上げられたり、

中国懸念、トランプ懸念、日米政局不安等色々と問題はあるわけですが、

 

実質上それらを踏まえた上で、やはり金利状況が気になる。

 

欧州が昨日下げたのも金利動向から。6月のECB理事会議事要旨からと言えます。

 

買いを個別として入れておくのは悪いことではないのですが、先物売り等でのリスクヘッジ、または先物売りの新規建、戻り売り、などを推奨しています。

リスクヘッジという意味では、持ち株プラス建株金額と同額の先物を売り建てておくことで、ヘッジの役割になります。

 

個別と相場は連動はしないですが、個別は材料性をともなってすごい動きになったりするわけです。

先物は2000円下げたところで10%です。すごい動き、というのにはなりえません(が、保証金が少なめで大きい金額は狙えます)

 

 

ただ、暴落のときは日本株は、下げやすくなります。

そして上げづらくなります。

 

日経平均先物の売立は、20100円から初めていますが、夏場にかけて、基本的にはこれをお勧めしておきたいと思います。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ