【相場観】急な円高、外部市場の悪化、ダウ安

今週も難しい相場になりそうです。

 

状況は以下。

北朝鮮問題や世界的金利上昇が引き続きくすぶる。

アメリカや日本の政治先行き不透明感あり。

 

状況としては、外人の先物ウリが目立つ。

 

安倍政権の支持率低下や、日本株への関心低下懸念。

 

企業業績は堅調だが、日銀の買いがなければ、日経平均20000円は今はなかったでしょう。

しかし、状況からいうと、やはり下方向であると考えていくのは、間違いではないと考えています。

 

米経済のいままで以上の好調さ

物価の上昇

さらには、安倍政権の信頼回復

あらたな経済政策

 

などなければ、この夏日経平均21000円以上になるような、上昇は難しい。

下値を叩く方向のほうが可能性は高いと見ています。

 

そこに問題となるのが、19900円方向に下げたときの、日銀買いと、下値押ししたときの買いの強さ。

しかし、その神通力的強さも、そろそろ限界ではないかと見ています。

 

よって、継続的な考え方として、先物売りなどを踏まえた、リスクヘッジ方式をしつつ、個別銘柄を狙うイメージで考えて行きたいと思います。

 

会員様には、すでに利益の出る水準でいろいろな売りから入る方法をご案内済。

日経平均20100円以上の時に、ウリから入るご案内をしております。

下げ相場をやったことがない方は、これが出来なければ利益を出すどころか、株から撤退しなければならなくなる可能性が高くなります。

 

特にここ数年で株を始めた方は、リーマンショックなども経験していないでしょうし、下げ相場で勝つ方法を身につけていないと思うので大変です。

当サイトではそういったウリ相場での対策もご案内しています。1ヶ月無料ですので、どうぞご検討くださいませ。

お手持ちの銘柄、相場観、その他株式投資についてのご相談がありましたら、こちらからお問合せ下さい。他の方にとっても有益なご質問は、記事上で回答させて頂きます。

無料会員登録

無料会員登録
無料会員登録

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ