【相場観】おはようございます。

おはようございます。

本日もよろしくお願いいたします。

 

アップルの決算が好調。電子部品関連銘柄、アップル関連が買われそうです。

 

ダウが大きくあげたら、日経平均先物はそれに乗じてまたも戻りが発生、

やれやれ感というか、歪に見える相場が満載の相場です。

 

下げてくれたほうが利益も得やすい環境であり、

相場的に、買いでいくタイミングと売りのタイミングをあわせることも難しい。

全体相場が小動きすぎる上に、個別相場も昨日のマザの大幅下落があったように、夏の波乱もありえる環境からすると、次の銘柄も狙いにくい、

とやりにくさ満載です。

 

夏から秋にかけての波乱、下落、を予想するので、

基本的には、短期、あるいは短めスイング以外はやれるものなし、下げてくれたほうが利益は出しやすい、という考え方が基本であることをご承知おきください。

 

それを念頭におくならば、戻り高値は日経平均先物の売りを入れていく。

買い銘柄は減らし、強い銘柄のみ狙うという感じです。

 

いえば、増資でサゲたオンキヨー(6628) 6628 株価と銘柄情報 、強いアイフリーク(3845) 3845 株価と銘柄情報 など、こういうものに乗っておく。

 

昨日ちょっと紹介したSmedioなども、押し目を狙う積極性を持てるならば、買いありだと思います。

 

推奨銘柄は継続でいきます。

あとは、ゲーム関連でさほど相場になっていないシリコンスタジオ(3907) 3907 株価と銘柄情報 あたりも、狙い目の一つですがもう一つ押しが欲しい。

 

基本は高値になったものは戻り高値の可能性が高いとみて、全体売りは継続です。

 

状況に応じてまた判断していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ