【相場観】予想通りの、8月暴落 どこまで下落? 北朝鮮リスクから

おはようございます。

本日もよろしくお願いいたします。

いわゆる北朝鮮リスクから下落が始まったわけでありますが、理由は難に瀬よ、予想通りの下げというところ。明日15日前後まで、北朝鮮リスクに怯える動きでしょう。

ただし、有事は買いといいますし、基本的に北朝鮮問題では「何も起こらない」が基本と考えており、この14日、15日は買い場とも考えられ、上がっている防衛銘柄の短期上昇は、天井を付けてから空売りタイミングを積極的に狙う手があるでしょう。

リスクは高いが、明日の寄りあたりか、今日の高いところなどに、

・石川製作所(6208) 6208 株価と銘柄情報  

・豊和工業(6203) 6203 株価と銘柄情報

あたりの空売りを仕掛ける手があるかなとも思っています。

短期スイングで空売りを積極的に狙う方向性の方はやってみてもいいと思います。

 

20000円以上で先物売りをしかけていた方は、十分な利益出ていると思いますので、上手くやって頂くのがいいと思います。利確でもいいでしょう。

国際のETF VIX短期先物指数(1552) 1552 株価と銘柄情報 、日経ベア2(1360) 1360 株価と銘柄情報 なども、しっかり利益が出ていると思います。

特に国際のETF VIX短期先物指数(1552) 1552 株価と銘柄情報 はどこまでいくか? 久々のアメリカ、ダウ暴落ですので、かなり期待できそうです。

下げ相場を予想した時はこういう方向性で利益を出すというのが良く見えたと思いますので、是非とも先物口座、あるいは国際のETF VIX短期先物指数(1552) 1552 株価と銘柄情報 などの、とっつきにくい銘柄にはなりますが、こうしたものを狙っていくようにしていただきたいと思っております。

それでは今週も、お盆ということであまり大きな動きはしづらい1週間ですが、よろしくお願いいたします。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ