【相場観】今後の展開、路線、予想、相場観(一部分、一般公開)

北朝鮮のミサイル問題が継続して懸念されています。

 

それに乗じて、金や米国債が下落。

北朝鮮がミサイル発射により下落していると見てよろしいでしょう。

 

下げ相場に対して期待する、ヘッジファンドもいるため、色々裏でも動きがあるのかもしれません。

 

そして、米国ではトランプ氏の政策、アメリカンファースト。

米国は北朝鮮に圧力をかけ、北朝鮮は今後も自国のために、ミサイルの発射や核の思惑を持たせることで、威嚇を続ける事になると思います。

 

何回も申し上げているのが来月9日。

北朝鮮建国記念日。

ここで何かが起こる可能性があり、今後も株価には注意が必要。

 

さらに・・・(ここからは会員様限定とさせていただきます)

この記事は有料会員限定です。
無料会員登録すると、初回1ヶ月無料で続きを見ることが出来ます。
無料会員登録の方法と詳細はこちら 》

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ