【相場観】おはようございます。

おはようございます。本日、今週、もよろしくお願いいたします。

まずは相場観ですが今週は要注意の週です。

先週から申し上げている通り、9月9日に向けて北朝鮮、トランプ氏の動きがあると思います。

9月9日は北朝鮮建国記念日です。

また、日本側は9月はMSQですから、何もなくても怖い週であり、水曜は魔の水曜などとされているMSQです。

9月9日の出来事に刻々と近づく上に、MSQがあるということで、シンプルに売り仕掛けが強く存在してもおかしくない。

外資系などは、たんまりと上の方を買っている可能性もあります。

というわけで、かなり厳しい相場になってもおかしくないと見ています。

 

また、3日の午後に北朝鮮が水爆実験。

これを受けた早朝の為替は円高。

東京株式市場は微妙な動きでありますが、19600円程度のスタートとなりそう。

 

1日に発表されたの8月の米雇用統計は、

非農業部門雇用者数前月比15.6万人増であり、失業率は上昇し4.4%となった。

数字的には微妙なところ、それほど材料視されなかった形です。

 

どちらにしても、先週の19600円~700円は戻り売り、という方向性であることを紹介しています。

日経平均先物が、下落相場では一番稼ぎやすいというのは何度も紹介しているとおりでございますので、まずはこの先物売りを基本に戦略を持って行きたいと思います。

 

3日の水爆もそうですが、9日に向けて再度ミサイル発射も?という懸念などもわきますし、北朝鮮が強硬な状況になればトランプ氏も動く、となりますので、基本的には今週金曜SQ付近までは先物売り仕掛けは持っておくイメージとなりそうです。

 

状況、変わったり動きあれば紹介してまいります。

本日もどうぞよろしくお願いいたします。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ