【相場観】7月と8月もそうでしたが、今月も予兆か 9月日経平均予想

前場お疲れ様です。

7月8月もそうでしたが、昨日、本日と予兆が出ていますので、日経平均対策です。

 

まず、日経平均先物は売りだと口を酸っぱくして申し上げています。

個別銘柄もありますが、基本的に日経平均先物の売りだけで勝負でもいいぐらいというのも何度も申し上げている通りではあります。

 

本日の予兆というのは、

7月にマザーズ指数が大幅下落しました。

そして、日経平均はその時にはあまり反応がなかったのですが8月に入ってから大きく反応。

 

結果、19300円近くまで下げる展開となりました。

 

マザーズなど新興が先に下げ、その後、しばらくしてから忘れたころに日経平均も下げるというパターンは良くあります。

このパターンに今回も乗るかわかりませんが、

9月9日の北朝鮮建国記念日、9月末のアメリカ債務問題、などを考えると、可能性は大きい。

 

先物売りだけでも勝負になると思います。

20100円で建てた分は継続していますが、MSQで一回精算されます。が、その後も基本路線は継続して売り目線ではないかと見ております。

 

個別銘柄は非常に難しいです。

今ははっきりと日経平均先物でやっていくのが、利益を出しやすい道だと思いますので、とっつきづらい・・・と思っている方もご検討下さい。

 

一回やってしまえば、全く難しくなく取引可能です。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ