【最近の実績】【相場観】日経平均の下落を7月から予想しての、日経平均先物売り20100円→19100円台 次の一手は?

現在日経平均先物は19100円台ですが、

当方では、7月の高値圏、20100円付近をウロウロしているとき、特にマザーズ指数が大幅下落したタイミングあたりから、日経平均は売り場になるのではないかと予想しておりました。

 

マザーズ指数が大幅下落をした後、このような展開になるのは割と良くあることで、そのころから日経平均先物売りを、しつこいぐらい推奨させていただいていたのですが、実際に下落、買いだけでやっているとなかなか利益がとりづらいところ、この日経平均先物 900円幅で、しっかり利益が取れたであろうと思います。

 

当方ではもちろん個別銘柄もやりますが、こういった相場ではなかなかカンタンに大きく上昇したりするわけではないので(もちろん、推奨の中で、黒谷(3168) 3168 株価と銘柄情報 や、8月のアクセルM(3624) 3624 株価と銘柄情報 等、いい銘柄もあるのですが)、下げ相場と予想される中では、日経平均先物を売りで仕掛ける、というのはリスクヘッジの観点でも、利益を出しにいく観点でも、非常に重要で、やりやすいです。

ちなみに、50万円~60万円ぐらいあれば、日経平均先物はラージを1枚建てることができますが、20100円から19200円まで持ち越していれば、ラージ1枚で90万の利益が出た計算となります(税や手数料抜き)。株でたとえば200万円投資しても、ピンポイントに1銘柄で1.5倍にするのは難しいですが、先物、それと当社ではお話ぐらいしかしませんがオプションなどを使えば大きな利益を生むこともあり、うまく使えば大きなリスクヘッジにもなります。

 

先物は怖いと言われますが、きちんと予想した上で理解をしてやれば、株よりもシンプルに稼げますので、是非投資活動の中に取り入れて頂きたい。1回取引すればわかります、カンタンなので、会員の方も、そうでない方も、一回踏み出して見ていただきたいと思っております。

 

ちなみに、北朝鮮問題を切り口にして、株価が下げている状態にありますが、もともと日経平均で言えば、20300円をなかなか超えなかったことで、外資系ファンドなどが売り仕掛けをしていたと考えられます。クレディスイスが売り仕掛けをしていたというニュースなどもありました。

北朝鮮問題、そして、今月末にはアメリカ債務上限の問題もあります。

トランプ氏が人気がなく、話がまとまらない可能性が言われております。以前もこの問題はあり、それが実際にネタになってもデフォルトを本当にしてしまうということには今までなりませんでしたが、今回は要注意ではないか、と思っておりますので、注意したほうがいいでしょう。

明日の北朝鮮建国記念日で、戦争にならなかったにしても、また軍事的に強硬策に北朝鮮がでなかったにしても、その後の懸念を考えれば、安心して買われたところはやはり戻り売りが基本路線かと思っております。

今年の9月、10月は怖い場面です。秋の下落に巻き込まれぬよう、むしろ秋の下落で稼ぐ方法をご紹介していきたいと思っていますので(日経平均先物はそのうちの1つですが、リスクヘッジとしても、利益を出すにしても重要な取引方法、ファクターとなりえますので、是非一度お試し下さい。

※ こちらであげている銘柄は一部です。過去に紹介した銘柄は、コチラで公開しています。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ