【相場観】一旦フラット 相場をしばらく考えるタイミングに

先程の続きです。

 

北朝鮮問題は、10月18日は共産党大会があるので、それに向けてまた懸念が徐々に高まると思いますが、時間があるので当面タイミング的には何が起こるかわからない状態。

北朝鮮へ厳しい経済制裁が出ると、何をするかわからないのもわかりきっているので、本日の国連安保理ではそれほど大きな事態にはならないのではないか・・・ということで、戻りは売りの可能性もありますが、一旦はフラット、あるいは短期反発を考えます。

今週は下落局面は買いになるかもしれないので、一旦はフラット方向で考えています。

一説では、太陽フレアの影響による自爆の可能性を恐れて、発射を見送っただけという噂もありますのでなんとも言えないところではあり、正直なところ今週の展望は読み切れるものではないです。

先物ウリはいまのところ継続ですが、個別はおそらく戻りを試す場面の週になると思います。

慎重にいくならば、先物は利確しておいてもいいと思いますが、配信上は現在は継続路線で、リスクヘッジとして持っておきます。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ