【相場観】【推奨終了】年末にかけての相場が読みづらい展開となっています。

前場お疲れ様です。

年末にかけての相場が読みづらくなってきました。

 

アメリカの債務問題が12月に引き伸ばしになったことにより、

12月にかけては強くなりやすい相場が、一転して下落の可能性がでてきているものの、9月に関しては北朝鮮問題の一旦の終焉、ということでダウが大幅反発、読み切りしづらい展開となってきました。

 

この展開となると、年末にかけてアメリカ債務問題がクローズアップされるのか、12月にかけては相場が強くなりやすいので、その相場の観測のほうに身を任せるのか、という、どちらにフォーカスを置くかで決まってしまうので、上下読みづらい展開。

 

25日平均線を優位に抜いてきてしまっていることからも、一旦ここは売りから買い転換の可能性を考えて、先物売は利確しておくほうが宜しいと思います。

 

銘柄は継続。

年末にかけて強い相場が続くならば、大底を取れた可能性のあるブロッコリー(2706) 2706 株価と銘柄情報 や、その他の銘柄もこれからが活躍時ですので、買い銘柄は継続。

非常に読みづらくなった先物だけ19600円で一旦撤退、としておきたいと思います。

方向性が見えた場合、チャートが優位に方向性を付けた場合は再度、先物INをご紹介します。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ