【相場観】おはようございます。

本日もどうぞよろしくお願いいたします。。

色々と出来事がありました。

北朝鮮問題は、過度?の影響がなくなりつつあります。

ミサイルを打っても株価は下がらなかったり、とそろそろ株式市場も慣れてきた感があるので、他に懸念がない状況ですから、株価は堅調となりそう。

 

日経平均先物は単純に20000円方向であれば売りと考えていましたが、そこに衆院選の材料が入ってきた。

過去、衆議院選挙期間中には、株価が下がりにくい傾向にありました。

 

現時点での予定としては、

28日召集の臨時国会冒頭で衆院解散の意向?

10月22日に 投開票?

 

となっています。

 

どちらにせよ、衆院選時に株価は下がりにくいことから、10月後半までは、変な材料がなければ株価は固く推移しそうなので、単純に考えて先物売りも仕掛けづらい状態になっています。個別の銘柄買いで勝負、となりますが、個別もいい感じなので、出遅れがあれば狙っていくイメージであります。

 

黒谷(3168) 3168 株価と銘柄情報GUで始まり、

年末にむけてFVC(8462) 8462 株価と銘柄情報 はまだまだ買い場

関東電化工業(4047) 4047 株価と銘柄情報上抜け期待

エイチーム(3662) 3662 株価と銘柄情報 も更に上期待

東洋電機製造(6505) 6505 株価と銘柄情報 も2500円方向期待の割安

 

と、これらに注目です。

 

 

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ