【相場観】有事、戦争関連と相場観について

前場お疲れ様です。

現状の状況、相場観です。

小型株劣勢。

強いのは、有事・防衛関連、水素、燃料電池など。

少し前のIPOも強い。

 

北朝鮮情勢の悪化、週末、ここまで早く上げてきたことによる調整で基本的に劣勢。

ゲーム関連で弱いのはゲームショー開催による出尽くし?

あまり関係ないと思われるものまで弱い。

 

ちなみに、有事・戦争関連は出遅れとして重松製(7980) 7980 株価と銘柄情報 を出しましたが、ここから上は一旦空売りが面白い場面になるかもしれませんので、重松製(7980) 7980 株価と銘柄情報 は別として、主要銘柄は空売りタイミングを捜しています。

戦争関連の材料で上げているわけで、業績など伴っているわけではありませんので、一気に上昇というよりは調整もしながら上げていく印象。

一気に上げすぎた場面があればそこは売りに出るかもしれませんが、今日はまだ様子見で、北朝鮮やアメリカがさほど動きをしていない状態での週明けの一段高などあれば狙ってみたいところとします。

 

現状、銘柄チョイスするのがかなり難しい環境にありますので、申し訳ありませんが本日も様子見。

銘柄を捜しております。

銘柄を乱発しても仕方ないですし、状況に応じて紹介していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ