【相場観】全体相場の場味 

後場お疲れ様です。

推奨銘柄は継続としますが、全体相場の場味は気になるところ。

今の円安は、

海外の商品系投資顧問と噂されているところ?が、

米債券の空売りと、円売りを仕掛けていたことが一因と言われています。

 

そして、円売りと米債権の空売りを仕掛けたということは、いずれ利益を出すための、反対売買が出て来る。

 

現状、日経平均の上げは選挙から来るものであるが、

いわば、選挙からの円安方向が要因であり、

利益確定は入りやすい場面となってきています。

 

あまり雰囲気はよくないです。

 

チャート上、どこまでいくかわからないので、短期的にはその反対売買を狙って空売り、あるいは先物ウリ仕掛けなどしてもいい場面ではあるのですが、そんなもの関係とばかりに、ここぞと日経平均21000円方向狙ってくる可能性もありますので、簡単にウリ仕掛けするわけにもいかない環境。

 

1o月は、選挙まではある意味厄介で、読みづらい景色となりそう。しかも全体が強く個別が動きづらいという状況です。

弱くはないが強くもない。

 

持って置きたいのは、長期で黒谷(3168) 3168 株価と銘柄情報 、中期年末まででFVC(8462) 8462 株価と銘柄情報 、その他長期系で期待されるもの、割安系は推奨の中からピックアップしても良いと。

東洋電機製造(6505) 6505 株価と銘柄情報 、関東電化工業(4047) 4047 株価と銘柄情報 、注目セクターで考えればセック(3741) 3741 株価と銘柄情報 なども、推奨後から、利益出ていますがまだまだ割安。

 

予想では来年、戦争の可能性もあるので(相場の流れや、今までの戦争の発生の時期や時代の経緯を含め、気学等オカルトも含む)出遅れ戦争・防衛系銘柄の重松製(7980) 7980 株価と銘柄情報 は長期で仕込んでおいて良いと見ます。

 

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ