【相場観】【新規推奨】【リスクあり銘柄】相場、材料を考えた、ここからの動きに対するリスクあり銘柄

前場お疲れ様です。

リスクあり銘柄として、こちらを紹介させていただきます。

現在の相場の流れに応じた、リスクあり銘柄となります。

 

当サイトでは、状況に応じて思い切った、先物の売買推奨をすることがあります。

今の水準、また高値高値をつけている状況で先物売りというのはかなり難しい判断なのですがリスクを考えた上で、敢えて日経平均先物を「売り」推奨していきます。

 

9月8日から反発し、2000円の上昇。

日経平均が21500円付近、と達成感があり、利食いが出やすいタイミング。

感覚的な所でも選挙前に利食いが出やすいタイミングである事、日経平均の上昇の振幅は、2000円値幅で止まりやすいこともポイントの1つ。

短期的には売りが出やすくなってもおかしくないと思います。

 

選挙が終わった後、北朝鮮リスクは再燃するのは、必然的と言われています。

また、何度も申し上げていますが、選挙前は、株高を演出する動きに成ることが多く、今の動きは選挙対策の株価操作&株高+それに乗じた外国人投資家の買いと見られ、自民党が大勝した場合、ご祝儀相場は多少あるかもしれませんが、そろそろ外国人も利食いしてくる可能性が高いと見ます。

リスクはあるものの、買いよりも売りのタイミングであり、確率が高いと見ます。

 

新興市場に動きがないこと、基本的にはまったく面白くない相場、個別銘柄に資金が入らない状態なので、

日経平均先物の売り

で勝負。

 

現在の21450円で売り開始、とします。

上にいった場合も、選挙後のご祝儀相場でも売り仕掛けしたいレベルですので、今日は予定金額の3割~5割ぐらいにとどめておき、上げても下げても対処できる形にしましょう。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ