【相場観】選挙前。強気相場はいつまで続く?

おはようございます。

強気相場はいつまで続く? かで、戦略も変わってきます。

それ次第で、昨日申し上げたように日経平均先物を売りで狙っていくかも変わっていきます。

 

昨日21450円付近で入りました日経平均先物は、現在21400円付近。

香港株安からとカタルーニャ問題で、日経平均先物が急落しましたが、150円程度。

しかもその後すぐに戻す結果になっています。

 

現状では押し目カイ意欲が強いため、そうそう下げることはないですが、選挙のあとはどうか。

ご祝儀相場はあるかもしれませんが、基本的に一過性のものであり、選挙が終わった後はまた北朝鮮問題が再燃してくる可能性が高いと見ていますので、ここは基本的には上路線ではなく、下路線。

シンプルに日経平均先物の売り仕掛け、これを推奨していきたいと思います。

 

個別ももちろん見ていますが、今面白いものがなく、まずは選挙を超えてから。

今推奨中の銘柄も、ピープル(7865) 7865 株価と銘柄情報 が面白いチャートになっているぐらいで、他はまちまちですから、特に動きをつける必要もないと思います。

 

下げ相場のときは、戦略が立てづらく、日経平均先物を狙っていくのが基本的に勝ちやすく、利益の取りやすい方法であるということは、以前、6月~8月の下落相場に、日経平均先物の売りに乗せたときと同様。

今の水準は売りでいっても、リスクは少ない(が、リスクが高いと見る向きもありますし売買したときの金額も高めなので)リスクありとしていますが、買いの銘柄をどんどん増やしたりするよりはシンプルに効果的ではないか、と思います。

日経平均先物売り仕掛けは継続。

先物口座を開いてないかたは、是非開きましょう。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ