【相場観】自民党大勝 ご祝儀相場とも言えるが、本質はダウ上昇、円安による日経平均の上昇が基本

おはようございます。

今週もどうぞよろしくお願いいたします。

選挙は結局、自民党大勝。

ご祝儀相場とも言えるが、本質はダウ上昇、円安による日経平均の上昇が基本です。

日経平均は史上最長の15連騰トライ。

 

財政政策と日銀による大規模な金融緩和「アベノミクス」は継続されます。

アベノミクスでの経済発展・回復というよりも、金融政策による金あまり状態の続く環境が、株には好影響。

 

日経平均は窓をあけてコツンと上げてしまいました。

しかし、高値のところは抑えられています。

 

宵の明星のチャートとなる可能性

https://kabusyo.com/chart/chart84.html

 

難しい判断ではあるが、日経平均先物で売りに出したものはそのまま継続、とします。

ご祝儀相場はあれど、このままさらに上昇を続けるには、色々と材料が必要。

 

しかしなんだかんだで、アメリカも、大型減税を含む米税制改革への期待感があり、株高が進んでいるので、今は皆で買ってしまえといった状況です。

高値警戒感から上値は抑えられそうだが押し目意欲は高い。

しかし、そろそろ悪い材料も出てもおかしくないので、ご祝儀相場で上げたところは注意しておきたいところです。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ