【相場観】信用残高が積み重なってきている件

現在、2016年1月以来の信用残高の積み重なり具合となっています。

http://www.traders.co.jp/margin/transition/transition.asp

上昇し続ける日経平均に対し、押し目を我慢できずに一般投資家が買いに走った、ということだと思います。

 

上昇トレンドが続いており、押し目待ちに押し目なしの環境ですから、買いが不正解ということはないのですが、個人投資家がこうして買いをいれてきているところは、むしろ売り場になる場合も少なくないので、要注意の情況にはあると思います。

 

信用倍率は3倍前半と高くない。

売りも重なっていることを考えると、個人の方が空売りを入れるなど下げる可能性を考えている人も多くなってきていると考えられ、それを踏み上げる動きになるのであればまだまだ上昇もありえる。

 

どちらにしても、今後始まる大型決算に注目が集まるといってもいいでしょう。

 

現状では、相場観としてはフラット、どちらにいくかわかりづらい。

欧米の相場次第でもありますし、全体的なことを考えれば様子見でも良いぐらいです。

 

こうした場面では、資金的に入りやすいIPOなどを狙っていったほうが、投資としてはやりやすいでしょう。

オプティマスがいい感じになってきました。

テンポイノベーション、オプトランあたり

注目していきましょう。

 

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ