【相場観】現在の相場観

おはようございます。現在の相場観です。

外国為替市場

円相場。2017年度の企業想定レートは110円あたりです。

それを割り込んで円高ドル安。

以前は113円付近だったこともあり問題はなかったが、110円を割り込むと業績拡大期待が後退する。

107円程度まではチャート的には考えなければならず、目先日経平均関連銘柄、特に輸出株などは、調整を見据えておく必要がありそう。

 

ただ、23000円台前半までの押し目があれば、ETF買い、個人投資家などのカイが入りそうです。

押し目を待っているところは多い。

 

円高の理由は、ムニューシン米財務長官が

「弱いドルは貿易面で米国の利益になる」

といった発言をしたことから、ドル安方向への舵取りをアメリカが行うかもしれないといった懸念から。

 

基本的に、株を買えず、あるいは一旦利確してしまった向きの投資家が多いので、押し目は歓迎されるところです。

 

日経平均は調整中だが、マザ、JQなどは小動きで、今のところ全体相場の影響を受けていない。

また、IPOは頑強。

 

今の流れからいえば、全体的には調整が待っているので、基本は個別、特に、新規IPOの世紀の上場中止から、既存IPO資金の新規IPOへの移動が2月中旬以降まで遅れますので、IPOに投資を傾けていくというのが現在の当サイトの基本方針になり、紹介しているオプトラン、オプティマスあたりが強い。

決算などもありますので、IPOなど、資金の向く先を意識して進めて行きたいと思っております。

 

新規がホットリンク(3680) 3680 株価と銘柄情報 とIPOから出せていませんが、来週から決算が本格化することもありますので、それも踏まえて面白いものがあれば出していく方向性に変わりありませんので、どうぞよろしくお願いいたします。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ