【相場観】相場観

前場、お疲れ様でした。

推奨銘柄の一角、メディシノバ・インク(4875) 4875 株価と銘柄情報 が大幅に上昇している以外は特に見せ場なし。

悪いものはありませんが良いものもさほどない環境となっております。

 

仮想通貨が影を落とす。

米仮想通貨取引所ビットフィネックス

仮想通貨テザーに、

商品先物取引委員会の調査が入っている。

相場を牽引してきた銘柄の1つである、仮想通貨関連が全面安となっています。

 

新興の多い仮想通貨関連が影響しマザーズ市場系は弱い。

 

VI指数がまた高くなってきており、リスク方向に舵取りされています。

 

日銀戦略は予想通りの方向性で、直近円高の108.27円からは戻りつつあるも、出尽くし感。

 

IPOも全体的に弱い。

しかし、当方の推奨銘柄としては、要興業、一家ダイニング等、押し目狙いしたい銘柄が多いので、チャートが整ったところは押し目買いしたいところ。

 

ポエックは押し目狙いではないので、下げればロスカットします。

 

決算期なので新規銘柄として狙えるものは少ない。

前回リスクアリはメディシノバ・インク(4875) 4875 株価と銘柄情報 で、さっそく1179円まで上昇。

 

これと同じ形で、決算に関係ない銘柄などを捜しており、良いものがあれば紹介したいと思いますので宜しくお願い申し上げます。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ