【相場観】アメリカ相場のヤマは今週か? 毎月第3金曜日はアメリカ市場のS。日本は先週金曜、今日明日が決算の中心

お疲れ様です。

ここ最近の下落相場について、

不確定要素の多い2点を考えておきます。

 

1.アメリカのSQ

アメリカのSQは毎月第三金曜日。

SQ週は荒れる可能性があり、特に今回は先々週から荒れ模様モードのため、SQ週に荒れる可能性は十分ある。

魔の水曜日、荒れやすい木曜日、そしてSQ日の金曜日。

荒れ模様についていくのは厳しいので、落ち着いて欲しいところではありますが、今週も注意。

 

ちなみに、日経平均で言えば、ネガティブに言えば、20%~30%ぐらいのマイナスは日常茶飯事。

2015年夏は21000円近く日経平均がありましたが、2016年夏には14000円台をつけた。

30%近い下落率であり、今回の高値から30%マイナスを算出すると17000円~18000円となる。

 

現在の経済状況などからして、そこまで下落するイメージはないですが、半年~1年単位ではありえますし、20000円ぐらいまでの下落はそれほど難もないと思うので、注意しつつ進めます。基本は個別銘柄です。

 

2.日本の決算

先週金曜日、そして今日明日が日本の決算ピーク。

ただでさえ決算良好が織り込まれているので、通常の決算ではいいところなし、が基本。

 

以前推奨ししっかり上昇したラクオリア創薬(4579) 4579 株価と銘柄情報 が、来年度の予想で赤字幅拡大予想が出て、大幅売りとなるなど、バイオ関連も厳しいものがある。

今日明日の決算が終了して、アメリカ市場が安定してからが、個別の本格的仕込みとなりそうです。

 

気になっている新規銘柄は、バイオからメドレックス。

まだ推奨とは行きませんが、ある程度押し目作れば狙ってみようと考えています。

決算は褒められたものではありません。2018年は1000百万円以上の赤字。

ラクオリアもそうですが目もあてられないというような状況ですが、材料性はピカ一なのがまたバイオ関連なので、押し目は拾って、きちんとロスカット値を決めて、という感じで攻めていくかもしれません。

 

しかし、まずは今週乗り切る、が先決です。

海外指標に注意ですが推奨銘柄はそのまま継続、新規を出すには難しい環境なので今週も様子見が多くなりますが、じきに動けるようにも成ると思いますので、それまで銘柄を考えておきます。どうぞお待ちくださいませ。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ