【相場観】現在の相場観 状況

相場観です。

2月、バレンタイン下落のきっかけになったのは、米長期金利の10年国際利回りが上昇したことが原因でした。

昨夜、ダウが下落していますが、今回は10年物国債利回りが一時2.95%まで上昇し、3%目前となったこと。

これは4年ぶりの高水準で、これ以上高くなるようであると、もう一段の下落も考えられる。

 

さらに、FOMCの議事要旨から、3月のさらなる利上げも意識されている模様。

利上げペースが早まるとなると、株価は下落方向となりがちになりますし、難しい舵取りを迫られそうです。

 

ただ、適温相場に成る可能性もあります。そうなれば、まだ暫くの間はやりやすい相場にはなるでしょう

https://www.nomura.co.jp/terms/japan/te/A02427.html

 

2月の株価急落を懸念する動き、警戒する動きが出やすくなるのでそれは注意。

200ドル程度の下げであればダウが崩壊的動きになったとは言いませんが、700ドルレベルの下落であれば、次の一手はかなりの下落を見てからの再出発となりそう。

 

基本的に押し目買い意欲は高い。

円高傾向に歯止めがかかり、相場も一応の安定となっている。

チャート的にも一度押し目がほしいところだったので、ダウにしろ日経平均にしろ、ここからの押し目意欲は高くなりそうです。

 

となると、ここからの押し目は良質な銘柄を買いにいく手があります。

状況次第では買い推奨していきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

 

エヌエフ回路設計ブロック(6864) 6864 株価と銘柄情報 など、3000円台をほぼ一気に突破する動き。

ポエック、ハイパー、など、推奨したが手放した、業績の良い銘柄が一気に上昇する動き。

 

シェアリングなどいいかんじではありますが。

 

舵取りが難しかったのは事実ですが、反省するべき点は反省し、次につなげていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ