【相場観】配当権利落ち+ダウ下落からの日経平均下げで、数値上非常にネガティブ

前場お疲れ様です。

配当権利落ち+ダウ下落からの日経平均下げで、数値上非常にネガティブな状況。

 

実は個別はそれなりに強いですし、エニグモ(3665) 3665 株価と銘柄情報 、一家ダイニング(9266) 9266 株価と銘柄情報 など、推奨の中でもプラス域なものもあります。

しかし、基本はかなり心理的には厳しいものがあるでしょう。

 

配当落ちは日経平均で160円程度の下落が追加されている。

よって、本日の下落幅は、現状では300円ぐらい、となります。

 

米国市場が売られたことが大きな要因で、その背景は、

中国の知的財産侵害に対し制裁関税を発動する構えとなっていることが要因。

世界貿易機関(WTO)で米中両国で意見の応酬があったと報道されたことが要因で、海外市場が大きく売られている。

 

要は貿易戦争継続、追加であります。

前日はそれが落ち着いたと報道されていたのにも関わらずという状況であるため、今年はこんなことが、要人による上下が続くでしょう。

相場としては非常にやりにくいと言えます。

 

 

やれる銘柄はほとんどない状況。

狙いに行きにくいため、資金の入っている材料が出た銘柄を狙うぐらいが基本で、下手にスイングで押し目を狙うと逆をやられやすい相場です。

 

銘柄は、ルーデン(1400) 1400 株価と銘柄情報 、メドピア(6095) 6095 株価と銘柄情報 、テリロジー(3356) 3356 株価と銘柄情報 、アバールデータ(6918) 6918 株価と銘柄情報 など、面白いものが実は結構あるのですが、今の相場で下手にやると飲み込まれそうな環境です。しかし、どれも面白い位置だとは思います。が、推奨にするには環境が悪い。

日経平均が20000円キープすると考えるならば買いにいきたいところですが、現状それも懐疑的であるので、今は推奨はしません。

もう少し、短期で資金が入っているものに目を向けるべきだと思いますが、しかし、これら4つは、チャート的にいい押し目だとは思います。

 

推奨は減るかもしれませんが、慎重に捜して参りますのでどうぞよろしくお願いいたします。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ