【相場観】ダウは自力反発。2日の急落の反動からの自力での反発だが特に材料性なし。日本はまちまち

ダウが自力反発を開始。

特に材料はない模様。

2日の急落の反動からの自力での反発だが特に材料性なし。日本はまちまち。

 

仮想通貨は新たなステージへ

金融庁が週内にも一斉処分

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28944290T00C18A4MM8000/

仮想通貨の市場はコインチェックの巨額流出でいったん縮んだが、その間に顧客資産の管理がずさんな業者は撤退する。

規制が厳しくなり、参入する業者は限られるようになるが、これをもって規制と、実際に参入する会社が決まっていく。

金融庁によると100社超が仮想通貨の交換業に参入する意向を示しており、サイバーエージェントやLINEなどが登録準備を進めている。

以前のようにボラティリティの高い動きは制限されそうですが、今までがかなり異常とも言える動きがあったので、成熟はこれからと言えるでしょう。

 

仮想通貨では現在セキュリティ系でテリロジー(3356) 3356 株価と銘柄情報 を紹介中。

この銘柄は期待継続です。

 

全体的に、相場・日経平均がいい割に相場の反応が悪い。

個別も動きなく、IPOも資金の移りが激しい。

 

バイオも動きがない。

他も、全体的に元気がない感じ。

 

今後の流は、

日経平均が19000円になる可能性もあるという考えで態勢を取る。

そのため、大きくポジションを取ることはないですが、

おもしろい銘柄に関しては、チャンスを狙う方向性で、いい材料など抱えている銘柄を狙います。

 

メディシノバ・インク(4875) 4875 株価と銘柄情報 などはその例で、方向性の違う材料がでたが、上を試しています。

 

エニグモ(3665) 3665 株価と銘柄情報 、一家ダイニングは内需。

 

あとは材料が出ていい押し目担った銘柄を狙う。

今狙っているのはアクセルM(3624) 3624 株価と銘柄情報 とLTSですが、LTSが下がってきました。もう少しLTSが下がれば、IPOの情勢によっては狙う可能性も。

また、アクセルM(3624) 3624 株価と銘柄情報 は1700円以下狙いなので現在様子見です。

 

面白い銘柄があれば紹介していくのはもちろんですが、現在は全体的に様子見、としたいと考えております。

チャート上はどちらに動くかまだまだ読めず、ここのところの日経平均の動きからすると、下降トレンドの中での上値が現状で、25日平均線をなぞりつつ再度下落という可能性もあるので(ダウが強いが日経が弱いあたり、全体的に買い意欲が足りない様子はある)しばらくこちらも様子見。

しかし大きくウリを仕掛ける場面でもないと考えるため、チャンスのみ狙っていきます。

 

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ