【気になる銘柄】気になる銘柄2つの動きもまちまち。押し目ねらい継続へ

全体的に見せ場のない一日となっています。

ダウがこれだけ上げているが、日経平均に反映しない、こういう場面はちょっと軽快する必要があります。

 

ダウのチャートを見てみると、2月9日の下落を睨んで、上下どちらなのかを判断するところ。

なにか悪い材料や要人がなにかネガティブなことを言えばすかさず売るでしょうし、チャート的にも下降トレンド。

トレンドが下をつけるまではしばらく様子を見たいところ。

トレンドに逆らう逆張りは難しいので、今は取り入れない方がよいでしょう。

ちなみに、ダウが戻るならばトレンド的には、24500ドルぐらいでウリの方向性のほうが読みやすい。

 

しかし個別は結構強く、

アクセルM(3624) 3624 株価と銘柄情報 は押し目をまっていましたが、再度1900円の方向性となっています。

信用規制がかかったことがウリの原因だったのですが、思ったよりもあっさりと戻り。

押したら買ってみたいが、押さなければスルーで考えます。数字的には微妙な位置です。

 

LTSはもう少し押して欲しいところ。

2550円以下買いにいくイメージ。

しかし、25日平均などの指標が上昇しつつあるので、明日以降、押し目発生するならば買いたいところ。

それでもやはり2500円前半~中盤ぐらいの押し目で買いたいところとします。

 

ほか、推奨していた

ジェイテック(2479) 2479 株価と銘柄情報 も、戻りつつある。

こちらも、このへんでウロウロするようならば再度買ってみたいと思います。

少し様子見。

 

無理する場面ではないと思います。

かなり読みづらい相場です。

 

押し目として注目できる銘柄は沢山あるのですが、下手に推奨しても仕方がないと考えますので、現在は様子見中心で参ります。

面白くない相場続きますが今年は初夏ぐらいまで続くかもしれません(相場に疑心暗鬼が揺蕩っているため)

ただ、面白いものがあれば狙います。

様子を見ながら丁寧にまいりましょう。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ