【最近の実績】22800円からの先物ウリ、功を奏す形に。

【推奨銘柄】【新規銘柄】ヘッジ目的の推奨

上の記事において、ヘッジ目的の銘柄や手段として、5月17日あたりから、

日経平均先物ウリや、

日経ベア2(1360) 1360 株価と銘柄情報 、日経VI(2035) 2035 株価と銘柄情報 カイを紹介しておりましたが、

昨日、本日の下落で、それが功を奏す形となってまいりました。

 

また、昨日も、後場引けに日経平均先物下落の可能性からの、ウリ増しも面白いと紹介し、それも功を奏す形に。

 

現在、日経平均先物は22320円で、300円~400円幅近い値幅が出ている環境にあります。

 

個別銘柄はさほど弱さを感じず、指数だけ下げている環境にありますが、日経平均のチャートとしては上昇トレンドの下値線を割り込み、トレンドラインは崩れました。

ダウについては、なんとも言えませんが、2月の下落から、BOX相場に入っており、BOXになるならば上値いっぱいのところ。

しばらく相場自体は弱さを示唆する可能性もあるので、注意しましょう。

 

下落局面の場合、買い銘柄のみで勝ち続けるというのはなかなか難しいものです。

下落相場でもプラスを出すことができる、先物や指標系の銘柄を使って頂き、ヘッジなどして頂くといいと思います。

 

※ こちらであげている銘柄は一部です。過去に紹介した銘柄は、コチラで公開しています。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ