【相場観】ウリ相場ではありますが、そう単純なウリ相場ではない模様

前場お疲れ様です。

個別銘柄は面白いものがさほどないですね。

週末なので特にジタバタ動き回るような手段は取らないことになるとは思います。

 

面白い押し目銘柄があれば狙っていきたいのですが、

ヘッジウリしていた日経平均も、プラス転換。

 

シンプルに見て、ヘッジウリしていたものが利確してやろうという雰囲気になる前に上昇に転じているので、単純にウリ相場というわけではないようです。

(感覚的なものではありますが)

 

カイをやっておけば儲かるというわけではないですが、売っておけば儲かる、という相場でもないです。

ヘッジで立てていた日経平均先物に関しては、22800円まで戻ったとしても利益が出るように、いくらか利益確定をしておくことをお勧め致します。

(ただし配信的に、ポジションはそのまま持っておきます。22800円と22700円でのポジなので、十分利益が出ていると考えます)

 

両建てしていると、片方がプラスになっても片方がマイナス、と考えがちですが、

今回の下落は、推奨銘柄はさほど下げず(むしろあげているものもある)、

ヘッジでウリをしていた日経平均先物や日経ベア2(1360) 1360 株価と銘柄情報 などの銘柄の上昇が目立つので、だいたい利益が乗ることが多かったと思います。

 

チャートや、23000円あたりというキリのいい数字、高値圏のBOXになるのか・・・などいろいろ見方はあるのですが、今後も下落相場に置いては、日経平均先物ウリは大きな下落相場の対応策になりますので、是非開いておき、使えるようになっておきましょう。

最初は、慣れるためにも証拠金8万ほどで始めることができる、日経225先物miniでも良いと思います。

是非開いておきましょう。

 

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ