【相場観】下落相場での対処方法

下落相場での対処方法

ヘッジの方法を考えていく必要があると思います。

 

コラムなどでも上げていますが、今後上昇をずっと続けていくとは考えておらず、米、欧、と金融引き締めに動いていることで、そう遠くはない時期、どこかで大きなマイナスがあってもおかしくはないです。

 

日経平均先物売りを22790円から入っていますが、当方ではヘッジ対策、下落対策に日経平均先物ウリをおすすめしています。

そのため、日経平均下落で上昇する日経ベア2(1360) 1360 株価と銘柄情報 等の買いもありです。

 

ぜひ、日経225の口座は作っておくようにしましょう。

下落相場で買い銘柄は役に立たない場面が出てきますし、空売りもよいのですが、

シンプルに日経平均の下落で利益を生み出せる、日経225が役に立ちますので、口座解説をおすすめします。

当方でも、日経平均先物の上下(特にウリで)で、ヘッジ対策、あるいは利益を出せる体質もしていくご案内をしていきます。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ