【相場観】現在の相場観

現在の相場観です。

中国からの米ハイテク投資を制限

http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/272356

 

トランプ氏がまた新たな内容を。

最初に大きなことを言っておいて、妥協点を探すのは常套手段ですが、それにしても、全てにおいて厳しいことをいいます。

 

本日、持ち直せばなんとかトレンドが守られるダウですが、貿易戦争に拍車がかかる可能性を考えてまたも下落する可能性も。

夜の相場を見てみなければわかりませんが、現在のところダウ先物はさほどの動きを見せていませんが、これも夜になってみなければわかりません。一応2桁程度の下落になっております。

 

マザーズ、日経ともにセリクラがそろそろ起こりそうな雰囲気がありますが、こう株価に左右される発言が多いと、セリクラどころか下抜けする可能性もあり、非常にやりにくい。JQも本日ガタ落ち。JQは今のラインを守れないと、2月安値167.41も見えてくるので、正念場。

 

良い銘柄も、こう全体が軟弱だと活躍しようにも厳しいので、ポジションは少なめにしつつ、強い銘柄に資金を投入させたほうがいいかもしれません。

現在戦略考え中であります。

 

漫然とやるにはリスクが高すぎる相場と言えるでしょう。

 

日経平均で22800円を超えてきたら売りを再度しようと思っていましたが、

6月21日の時点で22800円にタッチせず、先物の売り仕掛けもご案内ができず。

下落しそうなイメージになりますが、ここから売るのはあまりうまくはないので、しばらく先物売りも静観です。

何にせよムードを悪くしているのはトランプ氏なので、ここが難題。他にも難題いろいろ出そうですし、そもそも欧州はテーパリング、アメリカは金融引き締めですから、そろそろ株価は下に向かってもおかしくないので、注意をしておきましょう。

 

後ほど銘柄レビューします。

 

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ