【長期展望】【相場観】中長期展望予想

今後の中長期展望予想です。

1~3ヶ月ぐらいの枠組みで考えております。

 

アメリカ発の懸念材料

7月6日の関税発動。ここぐらいまでは厳しい状況が続くのかなと思っております。

ただ、ダウも下落の一途だったのが、昨日なんとかプラスに傾いていますし、トランプ氏の発言も緩和されつつあるので、落ち着いてはくるのかなという印象。

 

ただし、どこで起こるかわからない下落に向けて、覚悟は必要であり、

欧州はテーパリング、アメリカは金融引き締め

社債バブル崩壊が世界で始まりつつあり、どこで下落につながるかわからないので、あまりリスクは取りたくはない現状。

 

ただ、大きなマイナスの材料がなければ、

7月には制度信用による1月高値の期日が終わり、

8月から秋にかけては、リスクオン相場になる可能性もあると思います。

また、秋~年末にかけてはIPOラッシュ、また個別相場の時期ですので、面白い相場になる可能性も。

 

チャート的にも、上下微妙なところでBOX内の動きであり、難しいところになるが、

上昇した場合は先物売りを仕掛けるイメージで考えます。

 

また、何段階も買うイメージで取れるのであれば、今の水準でも先物売り、上がれば何段階にわけて売りをしていけば、リスクは少なく取れるとは思います(アメリカが底堅いので、今の水準で売りをするのはあまりおすすめはしませんが・・・)

一応、円安だが株はあがっていないので、先物的にはカイではなくウリの方のイメージ。

為替と日経平均の相関性で考えれば、バランス的には日経平均22000円の場合は109円前半ぐらいのイメージです。

 

しばらくは様子見だが、中期予想としては、7月6日の関税、そして7月がまともであれば、制度信用のウリが減る8月からは、リスクオン相場になる可能性もあると見ています。

それに向けて、新規銘柄も探していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ