【相場観】狙っているかのやり口。TOPIXは前場プラスで日銀も後場入らずか

狙っているかのやり口です。

TOPIXが前場強く、買い基調であったが、後場はマイナスへ。

日経平均は先物主導で下落となっています。

 

TOPIXが前場プラスであると基本的にETF買いが入らないため、

それを狙って、後場に仕掛けているような動き。

 

また、上海が弱いことも影響でしょう。

 

本日は個別銘柄にもある程度影響があり、全体的に軟調気配であります。

昨日に引き続きのため、投資家心理には影響が出てきています。

 

昨日、今日のここまでの下落は予想外ではあり、6月12日と13日に22800円をタッチしていれば日経平均先物売りと日経ベア2(1360) 1360 株価と銘柄情報 買いを紹介する予定だったので(これについては、ご案内自体はしていましたが)そこは残念でありました。

どちらかというと売り仕掛けが入っている感じでありますが、今週は我慢のしどころと考えています。

 

上海、日経と7月6日付近を堺に、貿易関連はひとまず安定化はしてくる可能性について考えているので、現在は我慢のしどころというのは代わりなし。

基本軸は押し目狙いですが、推奨から下げているものが多いわけではなく、推奨時に押し目の2段階目買いと紹介したポイントのものもありますので、基本は継続です。

 

キューブシステム(2335) 2335 株価と銘柄情報 のみ、ロスカット値抵触の可能性が高まっているので要注意。

 

買いにいけるかは微妙ながら、

システムズ・デザイン(3766) 3766 株価と銘柄情報 やJMC(5704) 5704 株価と銘柄情報 は欲しい水準ではあるかもしれません。

 

 

 

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ