【相場観】現在の相場観

現在の相場観です。

全体的に下げ渋り感。

香港上海の相場開場を待って、状況を見ながら判断しようというような状況。

 

下落の原因の主たる部分は、

米中追加関税発動ですが、その下げも飽きられている感があり、

雇用統計がまともであれば(基本は最近の雇用統計でサプライズ的に悪いものが出ることは少ない)

7月6日あたりを境目に、反発もあると見ています。

 

ダウは、安値のチャートでは一応、下げ止まりを見せている。

ここで下げ止まれるかが注目ポイントと言えるでしょう。

 

相場の考えでは、まだここは我慢のしどころで、売り飽き、さらなる売り理由が減っていることから、ここは我慢で継続で考えます。

 

円高方向に動いているが、為替で日経平均にはさほど影響がない様子。

もっと円高になれば話も違うでしょうが、109円~111円の小幅BOXなので、今の所あまり影響視されていないようです。

 

戻りがあるならば、先物売りなどを狙っていくイメージです。

次の戻りは重たそうなため、割と早めに先物売りなどを手がけ、上げるにしたがって売り増していくイメージのヘッジ対策、売りでの利益出し対策のイメージです。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ