【相場観】貿易問題 予定通りのことに対して下落を試す市場

おはようございます。

本日もどうぞよろしくお願いいたします。

 

予定通りの内容ではありますが、

早朝に、トランプ政権が

中国に対する2000億ドル相当の、中国製品への追加関税を準備と報道。

 

予想、予定通りの事だが、2000億ドルの数字に対して、相場的には楽観視があったのか、米中貿易問題の激化が予想されるということで、日経平均先物から下落、日経平均も下落で始まりそうです。

予定通りの件に関して、7月6日までに一度織り込んだところを、再度予定通りの件で蒸し返す、日経平均の弱さの象徴といったところ。

為替も円高方向に動いてしまっていますので本日は軟調方向となるでしょう。

 

推奨中の個別銘柄にはそう問題は起こらないと見ていますが、新興の指数もあまりよくはないので、状況に合せて紹介していきたいと思っています。

 

後ほど、会員様には銘柄レビューいれますが、昨日のレビューから特に判断変わりませんので、そちらを見ていただければと思います。

 

新銘柄に関しては、必要に応じて紹介しております。調査進めてまいります。

それでは本日もどうぞよろしくお願いいたします。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ