【相場観】全般に堅調 マイナーSQ完了で、先物や日経平均や大型銘柄、ETFに資金 新興は弱くないが微妙

現在の相場観としては、全体的に堅調。

日経平均先物や、そこからの日経平均銘柄が強い。

指数も強く、東一部や、大型株の動きが強い。

 

新興はさほど資金が入っていない感じがしますが、メインがきたあとにセカンダリが来るのが基本ではあるので、仕方ないところではあると思います。

まずは大型銘柄の上昇があってのその後。

 

週末で、3連休前なので、個人の資金が入りにくいのである程度仕方ないところだと思います。

7月6日を境に、戻る可能性が高いと紹介していましたがそのとおりの結果に。

 

トランプ氏の発言は関税の強化で変わりませんが、中国は対立は望むところではないという発言もしていますし、どこかで折り合いをつけるだろうというのが、投資家心理で、現在は円安の状況もあり、いい方向でしかありません。

 

ただ、このまま円安、さらに株高が続くかというと、懐疑的ではありますので、タイミング次第で、空売りや利益確定売り、また下げるときに上昇する指数系や先物など、手段は講じて行く必要があると思いますので、来週あたりは注意していくべきでしょう。

 

会員様向けには、状況整い次第戦略を出していきます。

また、個別銘柄も今いい感じですが、それぞれ押し目も到来しているものもありますし、注目していきたいと思います。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ