【相場観】現在の相場観

マザーズだけが強く、上げ率1%を維持

ダウは強かったが、日本株はさほどでもなく、

今朝紹介しました通りで、ダウの上げっぷりに比べ、日本株の騰勢は弱い。

 

トリコリラの関係などで、昨日までは活況だったが、今日は出来高が減少傾向。

週末要因もあるでしょう。

 

現在、底値圏のもの、下げていた銘柄が強くマザ指数も強いといった状況です。

 

新規で紹介をしたいとも考えているのですが、

商いが薄い。

 

下値の下げ相場では出来高が良くできて、

反発局面で商いが減るのは、地合いの悪い時によくあるよくないパターンであるため、ここで買うのは判断が難しい。

 

来週からは投資家が戻ってくるので、それを踏まえて国際紙パルプあたりを仕込んでおくのはアリかもしれません。

推奨とはしませんが、東証一部で十分良い銘柄、400円方向への反転は期待できます。

国際紙をやるならば、335円割れロスカット。

 

今後も下げれば買いですが、上がれば売りのBOX相場での勝負を考えておりますので、様子見+現在の銘柄と、中期15%目標で国際紙パルプ、

そして新規銘柄探しと監視銘柄MRTとラックの押し目まち、というイメージでおります。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ