【相場観】難局面 リスク管理徹底して押し目狙い

やるものがない状態。

しかしながら、通常のやるものがない相場というときは低位株に資金が向くことも多いが、現在はそういう相場でなくIPOばかりに資金が向いている。

難しい局面。持っている長期銘柄をそのまま持つのは悪くないですが(ジー・テイスト(2694) 2694 株価と銘柄情報 、第一屋製パン(2215) 2215 株価と銘柄情報 等)

キャッシュポジションを整えておいたほうが良いでしょう。

 

相場展開としては、普通にやっては勝てない相場展開。

つねにやるよりも、わからないときはやらない、これが一番大事です。

 

まずは、今週、FFRIやJIAなど、IPOや、前に紹介していた銘柄で利益出た分はしっかりとキャッシュ押さえておく。

次の銘柄はもしかすると来週になるかもしれません。15日までのヘッジファンドの売りをこなし、13~15日ぐらいに勝負銘柄を出していくイメージかもしれません。今のところ、トレイダーズ(8704) 8704 株価と銘柄情報 という低位株を紹介しましたが、ここで踏みとどまるかどうかというところで、相場が安定しなければもう少し売られる可能性も高い。

 

さいか屋(8254) 8254 株価と銘柄情報 をもっているなら、78円以上ならそのまま継続してもいいでしょう。

76円、77円は微妙。

 

しっかりとキャッシュを整えておきましょう。

各銘柄利益出ている分もあると思いますし、ここ数日はロスカットものもいくつか出てはおりますが、トータルで最終的に勝てばよいということですので。

日経平均の数字的には15300円ぐらいはあるものとみております。

 

しっかり押せば、そこで勝負できる銘柄が紹介できると思います。

 

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ