【相場観】東証サーバー障害 対処方法の1つ

使える場合、使えない場合とありますが

東証サーバー障害が影を落としています。

 

今日のような下落の日に起こると(だいたい起こるのはこういう日なのはなぜなのかわかりませんが、出来が増えるから?)、

我先に売りたい精神から、下落に拍車がかかる場合があります。

 

こういう場合の対処方法ですが

証券会社を複数持っておくことでリスク分散できます。

 

今回の東証システム障害は、4基あるサーバーの1台、1号機の故障で、そこを使っている証券会社のみの異常となっている模様。

 

今回、SBIなどは問題なく取引できています。

岡三、野村、みずほ、日興には問題あり。

SBI、楽天、カブコム、松井などは問題なかった模様。

 

こういったときに、資金がある程度あるのであれば

他の証券会社に資金をいれて、

「売りたいのにサーバ問題で売れない場合」は、下げてもいいように、ヘッジ対策で空売りをいれておくという手もあります。

 

売ってたならば逆でカイですね。

 

このような手段で、ヘッジや、リスク対策ができますので、覚えておくと良いと思います。

証券会社口座を作るのも面倒ではありますが、

総論を言えば、証券会社は、できれば複数持ちましょう、ということでした。

お手持ちの銘柄・株式投資全般についてのご相談がありましたら、無料銘柄診断をご利用ください。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ